ブログ

「英語の勉強じゃない」感覚で勉強しよう!

これって本当に勉強?

Spectrumの英会話スクールに初・上級のクラスもありますが、もう抜群にできているお子様、または性格的にファストペース指導が合う生徒のための特進クラスも行っています。

今回の投稿では小学校高学年特進クラスをご紹介したいと思います。

小学校高学年特進クラスの様子

特進クラスに教科書ももちろん使いますが、子供教育専門家のベンジャミン先生の考えは「できる限り教科書を壊して」指導をしています。

誤解しないでね。教科書を破いたりしませんよ!

ただ、教科書をそのまま使うだけで、子供たちの興味や関心を引き出せないときがあります。

だから教科書の一番役に立つところだけを使って、生徒が気に入らないような、または教えるのにあまり効果的じゃないと思うところを捨てて、よりいい指導法を常に心がけているのです。

 

では、どういう「教科書を壊した」活動をしていますか?

アッ!ボールをキャッチしなくては!

例えば、特進クラスでたまにやっている”Spelling Battle”。

生徒の皆さんは最初に3ライフを持っています。そして先生が単語を言ってボールを一人の生徒にパスします。ボールをキャッチした生徒がその単語のスペルを言えなければライフが一つ減るけど、言えたらライフが減らずに他の生徒に「攻撃」(ボールパス)ができる。ボールがパスされる度に新しい単語がもちろん出ます。

それに、スペルのできなかった単語を皆で確認してからゲームが進むので、練習だけじゃなくて、まだできてない部分を補足する利点もあります!

ホワイトボードゲーム

最後に生き残っている(ライフをまだ持っている)人に、この上の写真にある地図の一つの区域の支配者になって、長期的なホワイトボードゲームにもつながっているので、生徒がなかなかあ飽きたりしません。

こうして、フォニックスとベースの教科書の単語を使ってバトルゲームでスペリング力を争うことにより競争的な要素をレッスンに入れ、より刺激的で記憶に内容になるのではないかと先生方は思っています。実際に生徒たちがとても楽しそうにやっているのです!

しかも、一回だけこういうケースもありました。見学でレッスンに入っていたブランドン先生が分からなかった問題を、賢いO君が出来た!O君、やはり強いですね!

 

グローバルスクール生徒募集中!

Spectrumグローバルスクールでは、英語で学童、小学生・中学生の英会話スクールや、乳児から大人までの幅広いレッスンを取り揃えております。

随時、見学・体験を募集しておりますので、興味のある方はお気軽にご連絡ください。

 

お問い合わせ先

営業時間:10時〜20時(土曜日営業)

〒370-0841 群馬県高崎市栄町14−1 高崎イーストセンタービル302

お問合せ先:0120-622-666

メール: info@spectrum-gunma.com

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう